CONCEPT

人生に、景感を。

勝山公園で過ごす、なにげない時間。
春になれば現れる桜の道も、新緑に染まる芝生も、紅や黄色に染まる木々も。
この街での季節のはじまりは、いつもここが教えてくれる。
季節に染まる街の様子、日々、進化していく小倉の街の成長を展望できるのもまた、
ここで暮らす喜びとなるだろう。

夕日の光が紫川へと伸びていく。
赤く輝く川の水面。
日が沈み、街の光はやがて夜景へと変わる。

100万人が住む都心の夜景をいつも独り占めできる時間。
夏のある夜には、その夜景に花火がプラスされる。
スカイデッキから見る花火は、きっと人生の中でも特別な記憶となっていくだろう。

ここでしか語れない景色がある。
ここだから育める感性がある。

人生に、景感を。ライブスクエア大手町。
ここから、未来が躍動する。

THE LIVE, OTEMACHI

絵になる風景の中で暮らす。

春、桜が咲き始めると紫川沿いの表情が華やかに一変する。
満開の桜も見事だが、散り始めた花びらが風に舞い、川面を流れる様がまた美しい。
どの季節にも、見ていて飽きることのないここだけの風景がある。

LIVE SQUARE OTEMACHI PHILOSOPHY 01

時の感情が流れる。

ふとした時の流れ。

時は、今何を見ているか、どう過ごすかで流れが変わる。
足を止めて、ゆっくりとあたりを見渡してみる。
小倉という街の躍動が息づく中で、ふと落ち着ける場所に佇んでいると、この街の真ん中にある人間味のようなものを感じることができる。
北九州市の中心地として人々の暮らしをつなぎ、都市高速という都心の動脈が流れるこの場所。
脈々と流れるこの活発な風景が、今は不思議に思えてくる。
ふと流れてきたこの街ならではの時間。
明日の風は、どんな時間を運んでくるのだろう。
ここは、小倉北区、大手町。とある時の風に吹かれて。

空が近いVIPな時間と空間。

風まで青く見える。それはきっと、空がこんなに近いからだろう。
スケールの大きなくつろぎが、日常を穏やかに包み込み、格別な時間へと昇華させる。
最高に贅沢なひと時を手に入れた場所は、わが家だった。

LIVE SQUARE OTEMACHI PHILOSOPHY 02

五感を柔らかくする。

都心での五感に優しく寄り添う日常。

忙しいから感じることができる安らぎがある。
都心だから気づくことのできる癒しがある。
五感は、多くの人々の感性が交差するからこそ研ぎ澄まされる。
その感性の中に自然と入り込んでくる日常の癒し空間。
それは、体と感情を優しく包むようにゆっくりと寄り添ってくる、都心ならではの特別な日常だ。

夏は特等席で花火を愛でる。

夏のこの一夜は、にぎやかな一帯から少し離れて
わが家で過ごすに限る。
祭りがクライマックスに近づくと、スカイデッキで
夜空を華麗に彩る花火をのんびり愉しむ。
この充足感…。
人生を豊かにしてくれる、とっておきの時間だ。

LIVE SQUARE OTEMACHI PHILOSOPHY 03

心が色づいていく。

四季と街の感性に染まる。

春になれば、桜色に染まる紫川の並木道。
深緑に染まる勝山公園の草木に風が吹き抜ける。
こどもたちの笑顔が太陽に照らされる。
昼間でも肌寒くなる頃には、足立山が紅く染まりゆく。
色とりどりのイルミネーションで飾られる小倉の夜景。
四季折々に、自然と街の豊かな感性が調和する時、この街での暮らしが心の中に色づいていることを実感する。

LIVE SQUARE OTEMACHI PHILOSOPHY 04

暮らしが活性する。

この街と人生を成長させていく。

街の景観は、時代と共に人の暮らしに合わせて進化していく。
北九州の中心地としての役割を果たし、都心の新しい生活地へと躍進していく大手町での暮らし。
すぐそばには、健やかな体づくりを支える毎朝のフィールドがある。
犬の散歩も、ちょっと息抜きするためのカフェも、彩りを楽しむショップも。
都心での活気を感じながら、自分のペースで人生を成長させていける懐がこの街にはある。

※掲載CGパースは、図面を基に描き起こしたCGを加工したものです。実際とは異なる場合がございます。予めご了承下さい。

※花火のイメージについては、「わっしょい百万夏まつり」の花火を表現するために、CG加工したもので、打ち上げの位置及び大きさ、高さについては、実際の眺望と異なります。

TOPCONCEPTEXTERIORINTERIORLOCATIONEQUIPMENTROOM PLAN現地案内図物件概要来場予約資料請求